E-mail パスワード
次回から自動ログインする    
パスワード紛失  新規登録      
   ホーム | フォーラム | ブログ | Wiki | 用語集 | マイアルバム | カレンダー | リンク | サイト内検索 |  
タグクラウド
TOP  >  ブログ  >  なーお

なーお さんの日記

1件のうち1 - 1件目を表示しています。

[投稿日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
2月
25 (水)
カテゴリー  機能の検証

三菱から新製品

三菱電機から1月に出た新製品、「高速データロガーユニット」(QD81DL96)
QD81DL96_V.jpg

を、テスト用に買ってみました。
今ならキャンペーン中で、Q03UDECPUと1Gbのコンパクトフラッシュが付いて、9万8千円。 :-)

製品の概要

三菱のサイトでどうぞ。

想定用途とメリット

今まで、この手のロガーは

  1. パソコンを使っての高価な専用システムで収集するか、
  2. 三菱ならMX-sheetなどの簡易ロギングでお茶を濁すか

といった組み方が多かったと思います。
今回発売されたユニットを使えば、以下のようなメリットを享受できるらしい。

  1. 無償の設定ツールを使ってユニットに設定を流し込んでおけば、PCサーバーなしでもロギングが可能。
  2. ログデータはCSV形式/バイナリ形式/MS-Excelレポート形式でフラッシュカードに保存されるほか、FTPでサーバーに転送したり、メールに添付して送信したりできる。
  3. ベースに挿すので、管理CPUユニットに対しては高速なロギングが可能。 特に、ユニバーサルモデルとはシーケンススキャンタイムにリンクしたり、最小1msでデータ採取が可能。立ち上げ時のデバグなどにも活躍できるか?
  4. Etherネットや、MelsecNetなどで接続された、最大64局のCPUにアクセス可能。トータルコストを抑えてシステム化できる可能性。
  5. MX-sheetの場合、複数の接続先から取得したデータを複数のEXCELファイルに落とせなかったが、これは複数の接続先に対して複数のレポートファイルを個別に選択して保存可能。 本体にもFTP接続可能。

などなど、結構フレキシブル。

使ってみた

さて、買ったからには使ってみないとね。
いつものように、Q06HCPU+Q173モーションCPUのシミュレータに、挿してみました。

本当は、一緒に購入したQ03UDEとマルチCPUで試したかったのですが、このCPUはQ173CPUとは組み合わせ不可。 仕方なく、従来構成でやってみました。 モーションで1軸を連続往復動作させ、高速ロギングできないので最小周期100msで取得。

23.jpg

ビューアー

専用の無償ソフトは、MelfansWebで配布しています。 このビューアーを使って、直接見たところ。
24.jpg

まだ色々使ってみてないけれど、それほど悪くはないかな。

レポート機能

今回の目玉だと勝手に思っている、EXCELレポート機能。
残念ながら、レポートのレイアウト(テンプレート)ファイル作成には、Excel2003か2007が必要。 ただし、一旦作成してユニットに流し込んでしまえば、以後の編集にはExcel-XPでもできた。 :-)

取得したデータ

25.jpg

事前に編集したレイアウトに基づき、上のデータがレポートになった状態。

26.jpg

ポイントは、EXCELで事前に設定できることしかできない、ということ。 細かな修正が必要なら、マクロを組み込んでファイルを開いた時に処理するなどが必要かも。

という感じで、なかなか使い道は広そうだ。

難点として、

  • ファイル保存の際のファイル名に、タイムスタンプ方式を使えない。 サーバーに転送した後で自分で何とかする必要あり。

これは早急に改善していただきたいと思います。

コメントあり 8  |  続きを読む | 閲覧(47353) 
1件のうち1 - 1件目を表示しています。

 
日記投稿者リスト
投稿者
なーお さんの日記
アクセス数: 1961594 



カレンダー
«前の月次の月»
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
カテゴリー
新着日記
新着コメント
月表示
画像表示

メインメニュー